| vol.6 | vol.5 | vol.4 | vol.3 | vol.2 | vol.1 |

Vol.6

いわゆるシミ
加齢とともに顔にできるシミ、早ければ20歳代からみられます。今では1〜2回のレーザー治療でとれるようになりました。痛みは強くないので通常麻酔は不要です。レーザー照射後2〜3日くらいでかさぶたのようになり7〜14日くらいではがれます。治療後1〜2ヶ月はやや赤みが残りますがそれも徐々に消えていきます。こすってしまったりして色素沈着が残っても6ヶ月くらいで消えていきます。無理にかさぶたをはがしたり患部を強くこすったり刺激しないようにしましょう。
*シミは再発することがあります。体質的に取れにくい方がいらっしゃいます。
1回の治療費:5,000〜10,000円程度

深いシミ
頬や下まぶた、鼻翼(こばな)、眉や額の外側にできる茶色(灰色がかっていることもある)のシミで10〜30代に発症することが多く患者さんは女性が多いです。深いシミなのでレーザー照射は少し痛みを伴いますので局所麻酔を行います。治療後は少し皮膚が浮いたように白くなり、一週間くらいで回復しますがその間は患部は薬(処方します)を塗ってガーゼを当て化粧は控えていただきます。深いところにできたシミであるためレーザー治療後すぐに色素が消えるのではなく、2〜6ヶ月かけて徐々に色がうすくなっていきます。炎症反応により一時的に色が濃くなったように見えることもありますがうすくなってきますのでその間なるべく患部をこすったりなどしないようにしましょう。6ヶ月の間隔で2〜3回レーザーを照射します。
1回の治療費:1万円程度

外傷性刺青
交通事故による外傷後などにみられる黒ずみ、鉛筆が刺さったあとの黒いあとなどです。レーザー後は一週間くらいでかさぶたがとれてきますのでそれまでは当院から処方した軟膏を塗って、刺激しないようにしてください。入浴はできますが患部の化粧は1週間はできません。複数回のレーザー照射が必要な場合が多いです。
1回の治療費:1万円程度(保険適用なので保険の種類により変わります)

茶色いアザ
生まれつきの茶色いアザは氷で冷やしながらレーザーを照射します。
7〜14日くらいでかさぶたがはがれますがその間は当院からの軟膏を塗って刺激をさけるようにしていただきます。茶色いアザは色がとれても再発することがあります。
1回の治療費:1万円程度(保険適用なので保険の種類により変わります)

太田母斑
生まれつきのものや思春期に発症することが多い、顔にできる茶褐色〜青灰色のアザです。
局所麻酔をしてレーザーを照射します。皮膚の深いところに色素がありますので照射から色素の消退までに6ヶ月くらいの期間がかかります。期間をあけての複数回の照射が必要です。
1回の治療費:1万円程度(保険適用なので保険の種類により変わります)

異所性蒙古斑
赤ちゃんのおしりの青アザを蒙古斑といい、ほとんどの場合は自然に消えていきます。本来蒙古斑ができるところ以外の場所にできるものは異所性蒙古斑と呼ばれ、消えないで残ってしまうものが多くみられます。6ヶ月の間隔で数回レーザーを照射します。
1回の治療費:1万円程度(保険適用なので保険の種類により変わります)

そばかす
小学生くらいから小さな茶色の色素斑が多数鼻や頬にでてきます。レーザー治療でとれますが再発することが多いです。

| vol.6 | vol.5 | vol.4 | vol.3 | vol.2 | vol.1 |


医療法人 晃奈会 よしかわ皮フ科 info@yoshikawa-hifuka.com
〒569-0824 大阪府高槻市川添2-3-2
tel.072-694-2636 fax. 072-694-2636